FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この冬一番の寒波襲来です。
寒波のごとき急落が相場を襲っています。

EURUSDについてみてみます。

アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

091103-091125 ⇔ 091125-091217 17[対等数字17、基本数字17]

基本数字と対等数字が重なる重要変化日を迎えています。

重要安値10/2安値1.4480までもブレイクしており
重要サポートライン8/5高値1.4447もあっさりと割っています。
トレンドはダウントレンドに転換したといえます。

これ以上の追撃売りは危険な時間帯に入っており
今後は戻り売り姿勢が基本となります。

ブレイクしたサポートのうちどこがレジスタンスとして
機能するか場を見なければなりません。

[日柄]
*11/25基準
12/17 17  12/25 23

次の日柄「12/25」が戻り高値となるか安値となるかは
未だ分かりませんが、1時間足などでの調整上げ後の反転を
売りで攻めるのが得策かと思います。

12/25付近まで戻し、その反転を売りで狙えれば楽できるんですがね(笑


【resistance】1.5266 1.5150 1.4717 1.4626 1.4450 1.4360
【support】1.4045 1.3832


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

スポンサーサイト
ユーロ圏での金融不安が材料視されてドルが買われています。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

ドルストレートの代表たるユーロドルを見てみます。


○週足
091215-1.jpg


12/17の重要変化日を前に週足のBBbandセンターラインを割ってきました。
このまま下げ続けた場合、-1σがひとつのターゲットであり
さらにサポートラインを勘案すると

090802週高値1.4445 
081228週高値1.4360 

この水準が12/17変化日における下値目処と考えられます。


○日足
091215-2.jpg


もう少々上値[1.4800水準]をトライした後、反落するかと思っていましたが
そこまで戻すこともできないほどユーロは弱いといえます。



○4時間足
091215-3.jpg


1.4500の真理的サポートが効いているようでありRSI9でも逆行が出てきてます。
BBband -3σにも到達しており、ひとまず下げ止まる公算があります。


ここからは「a.戻り売りが基本」ですが戻りが弱い場合には
「b.レンジ持合からのブレイクを狙う」という戦略が有効かと思います。

レジスタンス・サポートラインを睨みながらトレードを行うことが
必要なことはいうまでもないです。

【resistance】1.5266 1.5150 1.4717 1.4626
【support】 1.4450 1.4360

FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

[ユーロドル分析]の続きを読む

つづいてEURUSDをみていきます。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ



○週足
091213-3.jpg


[日柄]
081214-090531 25 ⇔ 090531-091122 26 [25/26の対等]
081214-091122 50 [基本数字51の近似値]

*091122基準
100117 9 , 100214 13

1.5144をトップにようやく崩れてきた。
先週安値はBBbandセンターラインに止められた格好であり
今週はセンターラインを割るかが焦点になってくる。

センターラインを明確に割れば大きな流れとしては
081026週安値 1.2329を目指す展開となるであろう。


○日足
091213-4.jpg


[日柄]
*11/25基準
12/11 13 , 12/17[重要変化日] , 12/30 26

トレンドラインを割りBBband-1σも割って引け相場の流れが
ようやく変わってきた。
26遅行スパンは実体線から下離れており下落地合が鮮明となっている。。


今週も下落基調は変わらないという見方ですが週足BBbandセンターライン
付近であるため下げ渋る展開も予想されます。


[4時間足]
091213-5.jpg


4時間足ではRSI9に逆行が見受けられ、一旦下げ止まり調整上げに
入ることも考えられます。

1.4800の水準は1.5142-1.4586のfibo38.2 1.4798と重なり
レジスタンスとなる可能性があります。

1.4800付近までの戻す場合、そこからの反転下落を狙うというのが
基本戦略となります。


【resistance】1.5266 1.5150 1.4717
【support】1.4626 1.4450


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


○週足
091109-1.jpg


-1σ以下は髭で押し返されて陽線引け。
-1σを引け値で割り込まない限り続落の可能性は低い。

時間分析の観点から10/25週高値1.5060は重要高値であり
そこを突破するとさらなる続騰があるかもしれない。

○日足
トレンドラインを月曜日に割り込んだがBBbandセンターラインまで
戻す展開となった。
月曜現在、プライスはセンターラインの上で推移しており
21遅行スパンは実体線をサポートにしているようだ。

今の動きが二番天井を付けにいっているのかもしれないが
1.5060を越えると一気にEUR高が進む可能性がある。

1.5060を越えた続伸の場合は日柄分析を組み立てなおさねばならない。

数日間はプライスの動きを見守らないと判断が難しい。

[日柄]
081214週高値-090531週高値 25週 ⇔ 090531週高値-091108週 24週

【resistance】1.5266 / 1.5060[重要] 
【support】1.4717  1.4447  1.4338
あまりにもアクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~

つづいて久方ぶりにEURUSDを見ていきます。


○月足
091101-3.jpg


上影陰線が現われ、引け値ではまたしても前のトレンドラインに押し戻された。

080701最高値1.6037 - 091001 16月[基本数字17の近似値]

基本数字に近い時間帯で上髭の長いローソクがでたことは重要。

001001-080701の上昇トレンドに対する調整3波のC波が始まった可能性があるからです。
a波 080701-081001 b波 091001-091001? c波 091001-?

c波安値は通常はa波の安値を下回るので今回のtgtは1.2329以下となるかもしれません。

○週足

080713高値-090301安値 34週 ⇔ 090301-091025 35週
080713-091025 68週[基本数字65の近似値]

先週は上記日柄の変化週であり高値をつけた後に下落となり
大陰線で引けた。ローソク足は「つつみ」となっており売りサイン。

変化時間帯に高値をつけて反落したと見ることができ今週は下値を模索する
展開と読む。

今週は1.4590近辺がトレンドラインにぶつかるポイントであり、そこを下回ると
下落がより顕在化するでしょう。

○日足
091101-4.jpg

BBbandセンターラインがレジスタンスとして機能しつつあり先週安値を
割り込むとBBband-1σを下回ることになりトレンド性がより明確になると予測。
今週は26遅行スパンが実体線と絡んでくる動きとなるため、陰転するか
跳ね返されるかには十分に注目する必要がある。

[日柄]
090817-091026 51 [基本数字51]
091002-091026 17 [基本数字17]

【resistance】1.5274
【support】1.4357  1.3742 


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。