はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[参考]
100824-3.jpg


100117-100425 15週 ⇔ 100425-100808 16週

NY ダウは週足では先々週高値(8/8週)は4/25週から16週であり
1/17-4/25 15週の対等時間近似値でした。


また、H&Sの右肩を形成中という見方もありダウが下がるならば
ネックラインまでが当面の目安になります。

*今週だと$9510付近にネックラインが存在。

WTIも強い形でないため、リスク回避の動きが重なって
さまざまな相場が暴落する可能性もあります。
取引を行うにあたりストップロスは確実に入れなければなりません。

今晩以降のダウの動きにも注目です。
スポンサーサイト
先週から原油価格が崩れてきました。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

米国ダウの株価はどういった動きが予測されるのか?
11/11記事のダウ株価のその後を見てみます。
http://haotaso.blog122.fc2.com/blog-category-12.html

○週足
091207-4.jpg


「090301-090705 19週」の対等週に10/18週高値1.0114を上抜けて
続伸しましたが大きな伸びとはならずに10512で止められて
先週は引けました。

080518高値13,131-090301安値6,469
fibo61.8 10,586

071007高値14,194-090301安値6,469
fibo 50% 10,332

どちらのフィボナッチで見ても戻りの目処としてはいい水準まで
行っているとも考えられます。

[日柄]
091207-3.jpg

071007-090301 ⇔ 100725 74週
090301-091129 40週 [基本数字42、対等週の近似値]

先週は3/1週から40週経過しており「42」の±2の近似値の範疇です。


RSI9で逆行が相変わらずでておりトレンドの弱まりは隠せません。
ここから大幅に続伸するとは考えづらいのですが決め付けは禁物です。



10/18週高値10114がサポートとして機能しているようであり
ここを割れるとBBbandのセンターラインを目指す展開とも考えられます。

完全に反転した場合、少なくとも33週以上の下落がおきるとも読めます。


その場合の安値は6,469を目指す動きと考えられ計算値でのターゲットは

◎計算値
14,194 11,619 13,131
V 10107 N 10556 E 9044
{2E 6,469 ←3/1週安値 , 3E3894}

14,194 6,469 10,512[11/29高値]
V2426 N2787 E -  NT6,830


長期のデータがMT4ではでてこないため、分析しきれませんが
無難なところでとまるならば
6469/6830水準

歴史的な暴落が起きるとすると
4000割れとも言えますが、そんなことがおきるのか!?!?!?


フィボナッチを利用するか、これからのI、V波動を待つ必要がありそうです。

兎にも角にも原油、金、ダウの推移には十分に注目する必要があります。


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

為替は相変わらずレンジ地合いではっきりした感じが出てきません。

週足ベースでダウに時間分析を入れてみます。

アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~


ダウ週足
091110-1.jpg


07年10月7日週から09年3月1日週までの下落をまずは見ていきます。


071007-080120 16週[基本数字17の近似値]⇔080120-080518 18週[基本数字17の近似値]

16週間下げた後に「基本数字17」の近似値18の時間戻して戻り高値をつけた。
[17の対等時間]


071007 - 080518 33週[基本数字33]  ⇔ 080518 - 090104 34週
 「33」の対等時間に戻り高値9083をつけた。

081116-090104 8週 ⇔ 090104-090301 9週
 「基本数字9」の対等時間に最安値をつけた。


さらに
戻り高値から最安値までは42週で基本数字です。
080518-090301 42週 [基本数字42]

ここまでの高値安値をつけた時間帯は「基本数字の9,17,26,33,42」と
各々の対等時間で説明することができます。


その後の動きは

081116安値-090301安値 16週 ⇔ 090301安値-090607高値 15週
「16の対等時間に高値をつけた」といえます。

今週は091108週であり「19」の対等時間である変化週です。

090301-090705 19週 ⇔ 090705-091108 19週


071007高値14194-090301安値6469にフィボナッチをあててみると
fibo 50% 10332

今週の高値が今のところ10256であることを考えあわせると
変化週にプライス的にも「かなりいいところまでやっている」
とみられます。

また、週足ベースではオシレーター系で逆行現象が発生し
トレンドが弱くなっていることが確認できます。

変化週がトレンドの転換となるのか加速となるのか?

また、変化週の引け値がどうなるのか、上値はどこまで伸びるのか
興味深いものであります。

FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

ちょっと閑話休題で為替の話題から離れます。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~


年金が破綻するという話がそこかしこで騒がれてますが
本当に破綻するんですかね?


国民年金の納付率が下がり、所得が低く免除されている分まで
含めると50%を割ったとかいう話まであります。


自分も年金制度は破綻すると思ってました。。。

この話を聞くまでは(^^;




細野真宏氏の話を聞いて目からウロコでした。



10分間の短い時間で慌しく話されてますが、次の対談を読むと
より理解が深まります。


「ゆき.えにしネット」に載っていた
「細野真宏さんと宮崎哲弥さんの対話から」より

朝日ニュースター『ニュースの深層』2009.9.9(水)
http://www.yuki-enishi.com/zaigen/zaigen-07.html



なんかテレビ新聞報道で聞いてきたことと乖離が激しい・・・

ちょっと細野氏の本を取り寄せて勉強してみます(^^)



FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。