はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おまけでGBPUSDもひとつ分析してみます。

○週足
090928-7.jpg


090607-090802 9週 ⇔ 090802-090927 9週の対等週、基本数字

6/7週安値1.5801を対等時間である今週割った意義は大きい。
また、7/5週安値 1.5983を先週割って引けたことによりダウ理論で
ダウントレンド確定。
週足20emaも割っておりトレンドはベアに変わりつつあります。
下げ始めて9週目の変化週のためトレンドが加速となるのか反転となるのかの
見極めが必要です。

○日足
090928-8.jpg

今朝の段階で6/8安値1.5802を割っており-3σに到達しそうな勢いです。

・先週金曜引け値で7/8安値、6/8安値を割ったこと
・およそ三ヶ月続いたレンジを下にブレイク
この二点からポンドは下落トレンドに変わった可能性があります。

【resistance】9/1安値1.6113 ,7/8安値 1.5983
【support】1.5724付近


○日柄
8/5-9/1 20 ⇔ 9/1-9/28 20の対等
6/8-8/5 43 ⇔ 8/5-10/2 43の対等

「20」の対等日により一旦戻す可能性があります。
戻りの水準はレジスタンスラインが目安。

下落のtgtはひとまず1.5724付近のサポートライン。
ただし、三ヶ月の持合いから離れたエネルギーが今の水準から
160pips足らずで下げ止まるとは考えにくいところがありますが
決め打ちするよりも流れで判断するのが良いと思います。


今週は
1)レジスタンスに弾かれて反落するところを狙うか
2)引け値で6/8安値1.5802を割ったタイミングで続落狙い

下落は勢いが強くなりがちなために利食いの判断は柔軟にというところ
でしょうか。




・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

スポンサーサイト
クリスマス休暇前ということもありヨコヨコのあまり動かない
マーケットが続いています。

豪ドル円なんぞはレンジの外にオーダーを置いて待ってれば良いだけの話
なので他通貨も見ていきます。

今一番弱い通貨「ポンド」のチャートからポンドドルを選んでみました。

日足チャートを見てみます。

相変わらずよく分からない動きですね(_ _)ノ_彡☆バンバン!

081224-1.jpg


これだけ下げまくってきた相場ですがとある動きがあることに
気がついていますか?

レンジ相場は収束していくものですが末広がりで捉えどころの
ない形です。


こういうのをブロードニングフォーメーションといいます。


ブロード二ング・フォーメーションのトレンド・ラインは右肩に
上がっていき、三角形が拡大していくかのようです。
この形は他のトライアングルと違い、価格変動の幅も取引量も
どんどん拡大していきます。
このパターンは、通常の量をはるかに超えた大衆の市場参加を
表すもので、主要なマーケットの天井で多く発生します。
したがって、このパターンは通常弱気パターンとされます。
また、このフォーメーションはいくつものだましシグナルを含んで
おり、取引には極めて困難である。

三貴商事HPより
http://www.sankishoji.co.jp/info/lecture/04e.html

リンク先はブロードニングトップの例ですが今回は「ボトムパターン」の
可能性があります。

取引するのはかなり難しいですが短期的には「下辺で反転したところをロングする」
というチャンスはあるかもしれません。

弱気(ダウントレンド)から強気(アップトレンド)に転換したのが
確認できてからエントリーする方が堅いのはもちろんですが(笑)



*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。