はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダ円のフォーメーションに注目です♪


相場がようやく動き出してきましたね!

クロス円のなかでもカナダ円が面白い形になってきてます。


○週足
100824-1.jpg


H&Sのネックラインを今週ついにブレイクした。
ネックラインとトップとの値幅は約1300pips

今のところ09年11月22日週安値79.93にサポートされていますが
ここと09年7月7日週安値78.55を割ってくると暴落する可能性が見えてきます。


○日足
100824-2.jpg


日足で見てみるとディセンディングトライアングルともいえる形で
4/26以降は下がっては買われて上昇を繰り返してきましたが
高値がきり下がり買い圧力が減少してきているのが分かるかと思います。

三角形の下辺ととH&Sのネックラインを割ったことで
これからとんでもなく暴落する可能性もあり
買いポジションを持っている場合ストップを入れておかないと
大きな傷を負う可能性もあります。

ちなみにWTIやダウもチャートは弱い形になってます。

いろいろな意味で要注意です。

叶うことならば、暴落の波に乗れる人が少しでもいればと思います。
スポンサーサイト
クロス円でも比較的強いカナダ円を見ます。
まだ慣れない時間分析も慣れるために使ってみます。

週足

090201-4.jpg


最高値 07/11/04 125.48
最安値 09/01/18  68.40

最高値から最安値まで64週経過 
→ 基本数値65の近似値であり、64週目に下髭陰線で引け65週目に
  陽線を出して-1σを越えて引ける。

  変化日は1週間前後ずれることもあることを考えると先々週の安値は
  「重要な安値」とみることができる可能性がある。
  課題は今週に最安値を更新しないこと。



日足 

090201-5.jpg


このところの安値には31日前後のリズムがあり1/21の安値は
対等時間にあたり「意味のある安値」の可能性がある。

10/24安値 70.98
12/5安値  70.60
1/21安値  68.40

10/24~12/5 31日
12/5~1/21  32日

月曜日は1/21最安値から九日目に当たり変化日であり
変化日はトレンドの転換か加速が起きる可能性がある。


26遅行スパンも実体線に絡む動きをしており、月曜以降に
陽転するか抑えられるかが相場の分岐点と言えるのでは
ないでしょうか?

更にトレンドラインを加えると水曜木曜に高値が抑えられた
理由が見えてきます。

ポイントを再度まとめると
1.26遅行スパンが陽転するかどうか
2.変化日月曜の動き
3.トレンドラインを越えるかどうか
の三点です。

月曜以降に注目です。


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




マウスコンピューターって安いですね~
マウスコンピューター/G-Tune

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。