はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USDCHFはサポートラインに守られて火曜日は陽線引けしました。
日足ボリンジャーバンド+1σに阻まれた形ですが、重要サポートを
触ることすらできず強いといえます。


090128-1.jpg


ただし、なんとなく違和感をチャートから感じます。

◎違和感の理由
★トレンドラインを昨日安値で引きなおしても安定感がない。
 →もう少し時間調整がないと落ち着いたラインにならない


★現時点で日足ボリンジャーバンド+1σに抑えられている

 →今日の引け値を早く見たいです |д゚)カンサツ


★本日水曜日に火曜安値付近まで戻されてるのが気に食わない。


★トレンドラインを青い太線で引いてみた。
 これは前回暴落する直前のトレンドラインとアングルが全く同じ(笑)

 →いや、だからといって暴落するとは限らないんですが・・・^^;
  ただなんとなく危ういなと 


で、テンタティブですがこれからの展開を考えて見ます。

日足
090128-2.jpg

1時間足
090128-2.jpg


☆トレンドが非常に強いと青トレンドラインに沿って
 ジリジリ上昇する可能性が一つ。
 この場合は高値更新が難しいか更新しても急落覚悟するべきか!?



☆展開その2としてはエリオット5波動の上昇後の調整3波をやる可能性
 1時間足でフラッグみたいのが出現して下にブレイクして
 その下のサポートまで下落。



さてさて、どちらのシナリオが来るでしょうね♪ (・∀・)


最後にとっておきのシナリオ。

またまた三角保ち合いかレンジをやって


しまいに暴落 ( ゚∀゚)o彡彡

090128-3.jpg


あるのかなぁ???



*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




スポンサーサイト
あまり見てこなかったクロス円がブルベアの際まできています。

ある通貨はボリンジャーバンドセンターラインにまで迫り
上抜ければ続伸の可能性が高まります。


ロングする場合にはどの通貨をやるかですが、、、

基本的に
買うときには『強い通貨を買う』
売るときには『弱い通貨を売る』です。

その判断の一つとしてボリンジャーバンドのセンターラインと
現在のプライスの位置関係をみると良いです。

実際に買う・売る場合には、さらに短い時間足で買いやすいか
売りやすいかの判断が必要です。

ロングする場合、クロス円をすべてやる必要はないですね。


なんでって!?

基本的にクロス円は順相関だからです。


通貨を分散してリスクヘッジしているつもりが、実はレバレッジを
上げているだけなんですよ~。


日足を並べてみると

NZDJPY
弱いですね~
090127-1.jpg


CADJPY
弱いながらも比較的ましな形!
090127-2.jpg



上値がどこまであるのかは分りませんが流れにはついていきます。


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術


土曜日に予測したように火曜の今のところまでは調整局面に入り
前の高値の【サポート 1.1277】に止められています。

090126-1.jpg


サポートで守られて反転するのかどうかが今晩からの
ポイントになるでしょう。

ちなみに今日の安値の水準には週足の20emaがあり水平線サポートと
重なっており、それなりに底堅いはずです。

逆にいうとそれが破られるとなると続落の可能性が出てきます。

090126-2.jpg


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




一週間のご無沙汰です(^o^)/

USDCHFのその後を見てみたいと思います。

090125-1.jpg


週足と日足20emaに挟み込まれてのレンジで「放たれた方に動く」と
予測しましたが、上に放たれました。

レンジの上に逆指値を入れておいたつもりが当該週有効に
チェックしていたためブレイクしたときには時既に失効してました(笑)


金曜日は辛うじて上影陽線になりましたが、髭が長く1.1833には届かず
1.1556のレジスタンスも引け値で越えられずと上のレジスタンスは
かなり強いことがわかります。


ローソクの形からは来週は押し目形成となることが予測できます。

ポイントはどこでサポートされるかです。

1/8-23のfibo38.2 1.1390 / 50 1.1290
サポート 1.1293 / 1.0864
週足 20ema 1.1308

トレンドが強ければ押し目も浅く、深いとトレンドが弱いかもと判断する
こともできます。

ローソク足とダウ理論の水平線を見るだけでもこれだけの『予測』が
可能なんです。


ロングしかしないというならばドル円・クロス円にこだわらずに
トレンドの強いペア、トレンドの起きそうなペアでロングする必要が
あります。


同じドルクロスのUSDJPYと比べてみると、、、

090125-2.jpg

ゴミ。

はい、分析終了~!

先週、安値更新したので重要高値ポイントは94.62.
これを越えればアップトレンドになりますが、そまこで上げられるかかも
疑問で、越えられなければいい売りポイントとしか言いようがないです。

クロス円は[ドルストレートxドル円]で計算されるので、
豪ドル円・クロス円の今の水準も致し方なしです。


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




先々週の暴落を引き継ぐかと思いきや意外に粘ってくれます。

週足
宵の明星で売りサイン。ただし先週は安値を割れずに足踏み

090118-4.jpg


日足
トレンドラインまで下落し反発。
20emaに頭を抑えられて反落するも1/9安値 0.8840がサポート
になって戻した展開。

090118-5.jpg


0.8833-0.9127のレンジの展開にも見えますが
ボリンジャーバンド-1σに頭を抑えられてセンターラインも
少しづつ下げてきました。

26遅行スパンが実体線に弾かれているので下抜けるか
実体線に沿って上昇するかのブルベアの分岐点が今週来そうです。

 
4時間足に目を移してみると「陽の陰はらみ」がでています。
*リンク先の説明にあるようにこれは酒田五法の罫線分析です。

090118-6.jpg

朝の寄付きでどんな足がでるのかにまずは注目です。




*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




どうも読みづらい相場が続いています。
週末に動きを予想しても一日二日でその動きが達成されてしまったりと(^^ゞ

そんな相場が続いていたため更新が滞ってました。

これから動き出しそうな、動いたら面白そうなものを見てみます。

USDCHF日足

090118-1.jpg


ダウ理論でもアップトレンド確定でボリンジャーバンド
センターラインを上回って+1σをも上回っており堅調地合。

すぐにでもロングしたくなるような形です。


でもね、
週足を見てみると、、、

090118-2.jpg


青の点線の20emaに頭をシッカリと抑えられてます。


月足も覗いてみると先週の高値は20emaに止められました。

090118-3.jpg


今の動きは週足と日足20emaの攻防でレンジ地合となってる状況です。

どちらかにブレイクした方向に相場は進みそうですが
どっちかワカラン(?_?)


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




20090107-1.jpg


ユーロポンドはその後日足ボリンジャーバンドセンターラインも
割って続落しています。

今日の動きはブレイクしたセンターラインのリトライの動きです。

ダウ理論でもトレンドが下向きに転換しています。
「トレンドは反転するまでは続く」という基本から考慮すると
安値更新で続落と考えるのがベースのアイディアで
リスクシナリオでセンターラインを越えた場合も最高値更新とならず
二番天井になる可能性が高いとみることができます。

20090107-2.jpg



中東のガザの辺りが騒がしいことになってますが、これは今の段階では
気にするべきほどの問題ではないかもしれません。

ハマスの背後にいるシリア・イランに対してイスラエルがアクションを
取り出したら中東戦争に発展する可能性がありますが・・・


イスラエルは1月に選挙を控えてますが、与党の支持率が低く選挙をやったら
負けてしまうので支持率回復のためのハマス攻撃という背景もあるようです。


また、ハマスの使っているロケット弾は中国製だそうで(^_^;)

中国がアフリカの独裁国家向けに戦車を輸出したところ、第三国の輸入国で
受け入れを拒否され貨物船がさ迷ったという話もあったりもします。


ちなみに中国製武器はロシアのコピー品でロシアの武器マーケットを
食い荒らしているので二国間の懸念となってます。


イスラエルの攻撃にはファタハが協力してるという話もあり
PLO内部の勢力争いにイスラエルが便乗している面もあるのでは
ないですかね?
(PLO内部の勢力はファタハ<ハマスとなっている)

ファタハ:PLOの一つでアラファトが代表だったところで
     最近はハマスに押され気味
  支援国 エジプト・サウジアラビア
ハマス:PLOのなかでも過激派。イスラム原理主義
  支援国 シリア・イラン

さらにハマス攻撃に懸念を表明したフランスはイランに石油採掘の利権が
あっちゃったりするのです。

いろいろな国の様々な思惑が渦巻いているので、それらが交通整理されないと
イラン攻撃にまで至る道のりは少し遠そうです。

導火線に火がついた可能性はありますが、まだまだ長い導火線かもしれません。


それよりもウクライナに対するロシアの天然ガス供給停止の方が
今のところはインパクトがあるんじゃないかと思うこの頃です。


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




ユーロポンドの週足終値が大切だという話を1/3のエントリーで
書きましたがチェックされました?

前にもユーロポンドが大相場となっておりいつか崩れる日が
来ることを予想していましたが、その目安を探るためだったんです。


◎金曜引け前の時点で週足では上影陰線という天井を示す形が予測できたこと

◎日足でも宵の明星という売りサインとなる可能性があった。

上記二点を念頭に置いていたのです。

ユーロポンド週足
20080105.jpg

日足
20080105-2.jpg


結局、読みどおり弱い形で引けて日足ではボリンジャーバンド+1σを
割り込んで巡航速度での上昇トレンドに異変が生じた形となったのでした。


4時間足でみると26遅行スパンが陰転後、センターラインが
レジスタンスとなって続落。

20090105-3.jpg


4時間足スパンモデルも雲が薄くなり変化時間帯を迎えそうです。

20090105-4.jpg


ダブルトップの形成後、ダウ理論でも4時間足で売りとなっております。

ダブルトップフォーメーションとダウを利用して0.9630で売り仕掛け。
途中で追加で売ったものは適当に利確してストップを売値の上に
置いてしまえば、後は利が乗るのを待つのみ。


クロス円のロングのみにこだわらず、仕掛けやすいペアを選んで
一番楽に勝てそうなところで仕掛ければいいんですよ。


*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




インフルエンザでぶっ倒れてる間に動き出しました(笑)

21遅行スパンが陽転し、且つ13高値を引け値で越えてきました。

b,b',b"のラインも安値が髭で越えたので引きなおしました。

090103-1.jpg


ドル円がレジスタンスラインを軽々と力強く越えたことを考えあわせると
豪ドル円でPX上辺で止められて一気に反落とは考えづらい気がします。


ただし日足で+3σに達していますがトレンド初期に+3σに張り付いたまま
上昇することはありがちなことなのです。


13高値の上に逆指値ロングを入れておいたならば利益になってるはずです。


ただし、日足レベルではストップの幅が広すぎて対応が難しいかったかも
しれませんね。


でも、ここで何も考えずに今から追いかけるのも考え物です。

例えば月曜朝一に成行でロングするとか・・・


こういうときはもっと短い時間足で戦略を考えることです。


4時間足にしてみます。

090103-2.jpg


キレイにb"で止められてますね(笑)

ここからの「調整が入って下がって」「反転するところ」を狙うのが
リスクが少なくなるわけなのです。

メインシナリオは赤矢印の展開、リスクシナリオとして黄色矢印の展開
引け値の強さから月曜は窓空けて赤矢印の可能性の方がありえそうですが
狙いは一緒。


グリーンで囲んだような箇所の反転を狙うとストップ幅も狭くすることが
出来ます。

狙うときには更に1時間足にして反転をダウ理論で確認してエントリーするのも
アイディアな訳です。

ここでスパンモデルを引っ張り出してきて5分売りシグナルが点灯した後の
買いシグナルでロングでも良いわけです。


テクニカルというものは無数に存在して売買シグナルも色々あるわけですが
いつでも使える普遍的なものはないのですが一つの核となるテクニックを
身に着けておくと良いのではないでしょうか。



*「スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析は
マーフィー氏の商標です。」


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版





・↓テクニカルの基本中の基本が学べます




・基礎を学んでから応用に!
FXでスマートにもうける技術




あけましておめでとうございます。

本年もよろしくと書きたいところですが

年の瀬に引いたインフルエンザにまだヤラれていて

頭がまだまだ回ってません(^^ゞ


EURGBPの週足引け値は大事ですよ~

他にはカナダ円日足引け値、ドル円引け値も大切。

ドル円は来週以降上がるか下がるかの際に年初一発目から壁に当たってますw

91円ミドルを越えて引けるかに注目!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。