はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと気がつけば年末最終週であり、残すところ本日を含めて三日です。

Metatrader4をベースに分析をしていますが
クリスマス~年末年始恒例の「デモサーバー停止」のため
日足・時間足のデータが歯抜けになっています。

そのため遅行スパン等での分析に支障が出るため
次の更新は新年頭からになります。

今年はいろいろお世話になりました!

来年が皆さんにとって素晴らしい年になりますように!
スポンサーサイト
民主党鳩山政権に対する批判が高まっているようです。
赤字国債の問題、普天間基地、マニフェスト云々。。。

でも、忘れてはならないのは
赤字国債、国家の借金の問題 → バブル崩壊以降の自民党政権での経済政策の失敗
普天間基地 → 96年日米合意から10年以上経っていたにもかかわらず
         先送りしてきた自民党のツケ

要は自民党時代に棚上げされてきた諸問題が一気に噴き出してきているわけで
鳩山政権のみを非難するのは何か違うと思います。

衆院選の前から民主党にはまったく期待しておらず
選挙では他の政党に投票しており民主党支持者ではないのですが
最近のマスコミの論調には同意しかねます。


そもそも溜まりに溜まった55年体制からの自民党政権のツケが
民主党政権誕生からわずか4ヶ月で良くなるのでしょうか?


確かに鳩山政権の迷走ぶりには先が思いやられますが
これからの4年間は民主党○●政権であることは変わりようがないのです。

政権支持率が低くとも解散総選挙に打って出る必要がないことは
自民党の安部・福田・麻生政権によってすでに証明済みであります。


革命やその他非合法的な手段に政権を手に入れたわけでなく
総選挙によって民主党が圧倒的に支持された結果としての現政権のため
好むと好まざるとにかかわらず、いましばらく見守らなければ
ならないでしょうね。


ホントのところ、日本の政治と経済については話題にしたくないのです。。。
明るい話題が一切ないので(^^;


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

さて、ユーロポンドをみてみます。

○週足
◆基本的な見解は先週から変わらず

081228-091129 49週の対等週

081228-091213 51週[基本数字51、対等51]
090621-091213 26週[基本数字26、対等26]

21/26遅行スパンは陽転したままだが、
・BBbandセンターラインを下回って引けた
・三角持合の下離れ
が起こりトレンドに変化が生じた可能性が高くなりました。

0.8832でサポートされましたが、今後はこのサポートを割るか
どうかがターニングポイントです。

0.8832を下回ってきた場合の安値としては
12/13週とトレンドラインの交点 0.8670
26遅行スパンの実体線のサポート 0.8600 

より大きなスパンでは黄色い点線のチャンネル下限が安値目処です。

計算値 0.9410 0.8832 0.9152
v0.8512 n0.8574 e0.8254


12/13週は重要変化週でしたがトレンドの加速・転換は起こりませんでしたが
変化週は±1,2は前後するため注意が必要です。



○日足
*10/13基準に数えた場合
12/18 49  12/22 51 12/28 55

090904-091013 28 ⇔ 091013-091117 26
090827-091130 34 ⇔ 091013-091130 35 

11/30-12/22 17, 11/17-12/22 26


先週の分析
『ジリ下げレンジが続いており金曜引け値はBBbandセンターラインを
割っており持合局面が終わる可能性がある
0.8980を明確に割り込むと、ひとまず0.8832を目指す動きとなるでしょう。
それを割り込むと週足で考えた安値目処が候補となってきます』

12/14月曜に前週安値を下回りマーケットは下離れたが
重要安値0.8832をブレイクできなかった。

今週は先週ブレイクした三角持合下辺のリトライが起こることも
考えなければなりません。

戻り売りが基本スタンスですが、戻りが弱い場合は0.8832ブレイクでの
売りも考慮。

12/22は日柄が重なっており戻りの日柄の候補です。

この日柄付近での高値からの反転を売りで狙いたいポイントです。

【resistance】0.9238 0.9152[重要な高値] 0.9076
【support】】0.8832[重要な安値] 0.8701 0.8408 0.8192 



FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

今週はクリスマス休暇前でマーケット参加者も少なくなっています。
少ない市場参加者も自動売買プログラムが主なようであり
動くときは大きく動く可能性があります。
お気をつけください。

アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

クロス円の鍵を握るドル円について見てみましょう。

○週足
091220-1.jpg


[日柄]
070617-091122 128週 [基本数字129]
080316-090118 45週 ⇔ 090118-091122 45週
080810-090405 35週 ⇔ 090405-091122 34週 090802-091122 17週

11/22週の重要変化週に安値をつけて反発した形となっている。
月足・週足レベルでは一旦下げ止まった可能性があります。
091122週安値84.80は変化週につけた重要安値とみることができます。

*090118基準
100103 51 100314 61

戻りの水準目安【101.43-84.80】
fibo38.2 91.16
fibo50.0 93.12
fibo61.8 95.07

【resistance】95.69 92.32 91.72 

TLがレジスタンスとなると93.45が上値目処だが直上には91.72
21smaとレジスタンスが控えており今週は上値が重い展開と考える。

今週来週は上値が重いレンジ地合というのが基本的な読みです。


○日足
091220-2.jpg


[日柄]
*10/7基準
12/7 44  12/8 45  1/4 63
090807-091007 44 ⇔ 091204 43 90.76
            091209 46 87.35  
*11/27基準
12/21 17 
091027-091230 24 
091007-100120 38

11/27 84.80を示現後、BBbandセンターラインの上方で推移し
26遅行スパンも陽転。

週足・月足での重要安値84.80が当面の安値となった可能性が高くなりました。
12/9安値 87.35を下回るまではアップトレンド継続と見られます。

金曜高値が+2σまで到達しており押し目を待ってロング狙いが定石で
上値目処は91.72レジスタンスラインが第一候補であります。

しかし、12/21は基本数値17で月曜に続伸した場合はその後反落する
可能性もあり注意が必要。

プライスは週足BBbandセンターラインに絡む位置であり12/27週まで
トレードの判断は待つスタンスです。

【resistance】92.54 91.72 
【support】88.00 87.35 85.00 84.80 80.00


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

この冬一番の寒波襲来です。
寒波のごとき急落が相場を襲っています。

EURUSDについてみてみます。

アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

091103-091125 ⇔ 091125-091217 17[対等数字17、基本数字17]

基本数字と対等数字が重なる重要変化日を迎えています。

重要安値10/2安値1.4480までもブレイクしており
重要サポートライン8/5高値1.4447もあっさりと割っています。
トレンドはダウントレンドに転換したといえます。

これ以上の追撃売りは危険な時間帯に入っており
今後は戻り売り姿勢が基本となります。

ブレイクしたサポートのうちどこがレジスタンスとして
機能するか場を見なければなりません。

[日柄]
*11/25基準
12/17 17  12/25 23

次の日柄「12/25」が戻り高値となるか安値となるかは
未だ分かりませんが、1時間足などでの調整上げ後の反転を
売りで攻めるのが得策かと思います。

12/25付近まで戻し、その反転を売りで狙えれば楽できるんですがね(笑


【resistance】1.5266 1.5150 1.4717 1.4626 1.4450 1.4360
【support】1.4045 1.3832


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

今のところFOMC前のポジション調整といった趣ですね。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ


EURGBP日足のチャートが気になる形になっています。

091215-4.jpg


26遅行スパンは今日・明日の引け値次第で陰転する可能性が出てきました。

また「グリーンのライン2本の三角持合い」も見受けられます。

今日のこれからの値動き次第では三角持合離れも考えられます。

今日・明日の値動きは注意が必要です。

遅行スパン陰転と三角持合離れとなった場合は
急落の可能性があります。

FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

ユーロ圏での金融不安が材料視されてドルが買われています。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

ドルストレートの代表たるユーロドルを見てみます。


○週足
091215-1.jpg


12/17の重要変化日を前に週足のBBbandセンターラインを割ってきました。
このまま下げ続けた場合、-1σがひとつのターゲットであり
さらにサポートラインを勘案すると

090802週高値1.4445 
081228週高値1.4360 

この水準が12/17変化日における下値目処と考えられます。


○日足
091215-2.jpg


もう少々上値[1.4800水準]をトライした後、反落するかと思っていましたが
そこまで戻すこともできないほどユーロは弱いといえます。



○4時間足
091215-3.jpg


1.4500の真理的サポートが効いているようでありRSI9でも逆行が出てきてます。
BBband -3σにも到達しており、ひとまず下げ止まる公算があります。


ここからは「a.戻り売りが基本」ですが戻りが弱い場合には
「b.レンジ持合からのブレイクを狙う」という戦略が有効かと思います。

レジスタンス・サポートラインを睨みながらトレードを行うことが
必要なことはいうまでもないです。

【resistance】1.5266 1.5150 1.4717 1.4626
【support】 1.4450 1.4360

FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

[ユーロドル分析]の続きを読む

つづいてEURUSDをみていきます。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ



○週足
091213-3.jpg


[日柄]
081214-090531 25 ⇔ 090531-091122 26 [25/26の対等]
081214-091122 50 [基本数字51の近似値]

*091122基準
100117 9 , 100214 13

1.5144をトップにようやく崩れてきた。
先週安値はBBbandセンターラインに止められた格好であり
今週はセンターラインを割るかが焦点になってくる。

センターラインを明確に割れば大きな流れとしては
081026週安値 1.2329を目指す展開となるであろう。


○日足
091213-4.jpg


[日柄]
*11/25基準
12/11 13 , 12/17[重要変化日] , 12/30 26

トレンドラインを割りBBband-1σも割って引け相場の流れが
ようやく変わってきた。
26遅行スパンは実体線から下離れており下落地合が鮮明となっている。。


今週も下落基調は変わらないという見方ですが週足BBbandセンターライン
付近であるため下げ渋る展開も予想されます。


[4時間足]
091213-5.jpg


4時間足ではRSI9に逆行が見受けられ、一旦下げ止まり調整上げに
入ることも考えられます。

1.4800の水準は1.5142-1.4586のfibo38.2 1.4798と重なり
レジスタンスとなる可能性があります。

1.4800付近までの戻す場合、そこからの反転下落を狙うというのが
基本戦略となります。


【resistance】1.5266 1.5150 1.4717
【support】1.4626 1.4450


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


つづいてEURGBPをみてみます。

アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

○週足
091213-2.jpg



081228-091129 49週の対等週

081228-091213 51週[基本数字51、対等51]
090621-091213 26週[基本数字26、対等26]

日柄は11/29週[49]に戻り高値をつけた可能性があります。
実体線は下降しており26遅行スパンも下方向に引っ張られると
考えられ基本的に下方向の動きと考えます。

今週は重要な変化週です。[基本数字・対等数字が重なっているため]

0.8832を下回ってきた場合の安値としては
12/13週とトレンドラインの交点 0.8670
26遅行スパンの実体線のサポート 0.8600 

より大きなスパンでは黄色い点線のチャンネル下限が安値目処です。


○日足

*10/13基準に数えた場合
12/18 49

090904-091013 28 ⇔ 091013-091117 26
090827-091130 34 ⇔ 091013-091130 35 

ジリ下げレンジが続いており金曜引け値はBBbandセンターラインを
割っており持合局面が終わる可能性がある。

0.8980を明確に割り込むと、ひとまず0.8832を目指す動きとなるでしょう。
それを割り込むと週足で考えた安値目処が候補となってきます。


【resistance】0.9238 0.9152[重要な高値] 0.9076
【support】】0.8832[重要な安値] 0.8701 0.8408 0.8192 


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

先週はドルストレートがようやく崩れてきましたね。
いくつかの通貨ペアではトレンドが崩れた可能性がでてきました。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

一方で円がらみの通貨ペアは、、、分かりづらい動きが続いています。
まずはドル円を見てみます。

○週足
[日柄]
070617-091122 128週 [基本数字129]

080316-090118 45週 ⇔ 090118-091122 45週
080810-090405 35週 ⇔ 090405-091122 34週

090802-091122 17週

11/22週の重要変化週に安値をつけて反発した形となっている。
月足・週足レベルでは一旦下げ止まった可能性があります。

091122週安値84.80は変化週につけた重要安値とみることができます。
 

○日足
091213-1.jpg


[日柄]
*10/7基準
12/7 44  12/8 45  1/4 63

090807-091007 44 ⇔ 091204 43 90.76
            091209 46 87.35  

日柄的にみると4/6からの「44-46」の対等が12/4高値となったのか
12/9安値となったのかの判断に迷うところです。

26/21遅行スパンのどちらが有用かも、ともに実体線に弾かれて
下落しており読むのが難しくなっております。


大きく考えるならば「84.80」「90.76」のどちらか放たれたほうに
相場は動くものと考えます。

また、短期的には「12/4高値90.76」「12/9安値87.35」をブレイクした
方向に相場は動くともいえます。

21遅行スパンの今週ぶつかる実体線は下方向であり相場は
下にいきやすいと思います。

相変わらず相場を張るには分かりづらい動きが予想されます。


【resistance】92.54 91.72 
【support】88.00 87.11 85.00 80.00





FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

先週から原油価格が崩れてきました。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

米国ダウの株価はどういった動きが予測されるのか?
11/11記事のダウ株価のその後を見てみます。
http://haotaso.blog122.fc2.com/blog-category-12.html

○週足
091207-4.jpg


「090301-090705 19週」の対等週に10/18週高値1.0114を上抜けて
続伸しましたが大きな伸びとはならずに10512で止められて
先週は引けました。

080518高値13,131-090301安値6,469
fibo61.8 10,586

071007高値14,194-090301安値6,469
fibo 50% 10,332

どちらのフィボナッチで見ても戻りの目処としてはいい水準まで
行っているとも考えられます。

[日柄]
091207-3.jpg

071007-090301 ⇔ 100725 74週
090301-091129 40週 [基本数字42、対等週の近似値]

先週は3/1週から40週経過しており「42」の±2の近似値の範疇です。


RSI9で逆行が相変わらずでておりトレンドの弱まりは隠せません。
ここから大幅に続伸するとは考えづらいのですが決め付けは禁物です。



10/18週高値10114がサポートとして機能しているようであり
ここを割れるとBBbandのセンターラインを目指す展開とも考えられます。

完全に反転した場合、少なくとも33週以上の下落がおきるとも読めます。


その場合の安値は6,469を目指す動きと考えられ計算値でのターゲットは

◎計算値
14,194 11,619 13,131
V 10107 N 10556 E 9044
{2E 6,469 ←3/1週安値 , 3E3894}

14,194 6,469 10,512[11/29高値]
V2426 N2787 E -  NT6,830


長期のデータがMT4ではでてこないため、分析しきれませんが
無難なところでとまるならば
6469/6830水準

歴史的な暴落が起きるとすると
4000割れとも言えますが、そんなことがおきるのか!?!?!?


フィボナッチを利用するか、これからのI、V波動を待つ必要がありそうです。

兎にも角にも原油、金、ダウの推移には十分に注目する必要があります。


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

先週はドバイショックはどこに行ったのという相場つきでした。

ドバイ金融市場はすでにリーマンショック以後暴落しており
少々戻したポイントから下げただけであり、すでに終わった件が
突然材料視されたに過ぎないという見方があります。


ドバイの件で損失をこうむっているのはイギリスの金融機関が多いのですが
時価会計が凍結されているので「ショック」の損失が表面化するのは
まだまだ先のことになりそうです。

ドバイは材料に使われただけでありドバイが連鎖的な問題を起こす可能性は
低いのですが別な問題がそぞろでてくる可能性があります。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

さてさて、EURGBPについて見ていきます。

○週足
091207-1.jpg


081228-091129 49週の対等週

081228-091213 51週[基本数字51、対等51]
090621-091213 26週[基本数字26、対等26]

日柄は11/29週[49]に戻り高値をつけた可能性があります。
実体線は下降しており26遅行スパンも下方向に引っ張られると
考えられ基本的に下方向の動きと考えます。

重要な変化週は12/13週。[基本数字・対等数字が重なっているため]


○日足
091207-2.jpg


[日柄]
*10/13基準に数えた場合
11/26 33  11/27 34 12/9 42  12/18 49

090904-091013 28 ⇔ 091013-091117 26
090827-091130 34 ⇔ 091013-091130 35 

[34]の変化日が35に反応し高値をつけて反落したと読めます。
金曜安値はBBbandセンターライン付近で一旦止められた格好です。

今週は先週安値を下回ることにより下落が加速するものと思われます。

しかしながら今週は26遅行スパンが実体線とぶつかるために
下値が重くなることも予測されます。

26遅行スパンと実体線との絡みに今週は注目です。

また、下落のとまる時間的到達位置は12/18、12/22と考えられます。

【resistance】0.9238 0.9155 0.9076
【support】0.8865 0.8701 0.8408 0.8192 



FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

[日柄]
070617-091122 128週 [基本数字129]

080316-090118 45週 ⇔ 090118-091122 45週
080810-090405 35週 ⇔ 090405-091122 34週

090802-091122 17週

11/22週の重要変化週に安値をつけて反発した形となっている。
月足・週足レベルでは一旦下げ止まった可能性があります。

BBbandセンターラインがレジスタンスとなることもあり
今週は推移を見守る必要があります。

○日足
091206-1.jpg

[日柄]
*10/7基準
12/7 44  12/8 45  1/4 63

月曜から反発したものの26遅行スパンは未だ実体線の中にある。
12/7は44の変化日にあたり戻り高値をつける可能性があることは
考慮に入れなければならない。

先週の88円レジスタンスに弾かれて80円トライというアイディアは
木曜日の引け値が88円を超えた時点で消えてしまいました。

10/27 92.32 - 11/27 84.80
fibo78.6 90.67 ⇔ 12/4高値 90.76

8/7高値97.77 - 11/27安値84.80 
fibo50 91.28

これからの戻りの目処としては91.28レベルと考えられる。

トレンドがよく分からないため様子見が必要です。

【resistance】92.54 91.72 
【support】88.00 87.11 85.00 80.00



FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

ドルストレートやクロス円、ドル円を荒っぽい動きが
続いています。
金曜の下げの調整の戻しなのかどうかは微妙な状況です。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ


その中でもまだわかりやすそうなEURGBPを続けてみてみます。


○日足
26遅行スパンは実体線の中に入り込んでいますが
実体線のリズムに沿って推移しているように見えます。

今週は実体線が下向きのためプライスは下方向が引っ張られやすいと
判断できます。


このまま日足ベースで下落し11/17安値0.8832を下回る場合の計算値は

091013-091117 1波
091117-091130 2波
091130- ? 3波

計算値 0.9410 0.8910 0.9059
 V 0.8761  N 0.8559 E 0.8410 NT 0.8708

[日柄]
*10/13基準
12/18 49[対等数字]
12/22 51
12/28 55[対等数字]
1/14  67[対等数字]

基本的なアイディアは11/14記事のとおりであり長期で下落とみています。
http://haotaso.blog122.fc2.com/blog-entry-161.html


週足レベルでの3波が10/11週より始まったと考えており
週足3波内の日足の3波目が11/30から始まったと可能性があります。

1波=<3波となることがよくあるということから
この日柄の中から安値の候補日は計算してみると、

a.1/14-1/18 「10/13-11/30 35 + 33-35] 
b.12/18-12/22 [10/13-11/30 35 + 26]

さらに他の分析も考慮すると
a.1/14-1/18 「10/13-11/30 35 + 33-35] = N0.8559 E0.8410
b.12/18-12/22 [10/13-11/30 35+26]   = V0.8760前後

と予測することができます。

実際のトレードではより短い時間足を用いた機動的なトレードが
必要です。



○1時間足

091202-1.jpg



本日、トレンドラインのリトライを行い0.9060サポートを割ってきました。
日足での目標値を1時間足だけで追うことは難しいですが

ある程度長い時間帯での縦軸横軸のストーリーが固まっていれば
急落した際にも迷いはうまれにくいのではと思います。

【resistance】0.9409 0.9238 0.9155
【support】0.8864 0.8697 0.8400


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

日銀が量的緩和をようやく始めましたが・・・
ちょっとタイミングが遅すぎ。。。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

機動性という面で日銀がFRBやBOEなみだったらと願わずに入られません。


EURGBPについてみていきます。


日足での「対等数字34」は「35」で月曜日に応答した可能性がでてきました。

・1時間足
091201-1.jpg

1時間足でダブルトップとなりトレンドラインを割り込んできました。

11/27安値近辺である0.9060サポートを割り込んだら仕掛けやすいチャートです。

ブレイクした前のサポート0.8870手前ではポジション整理して
「すべてのポジションで安値を追いかけない」くらいの余裕は今の相場では
必要かもしれません。

不安定なマーケットの動きがつづいていますので。


FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。