FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜のみらいチャート予測の結果を見てみます


○9/19 月 みらいチャート 一時間足

20110926-001.jpg

シグナル状態 売

第一みらい : サポート76.00ブレイク後、9/27午前までに75.75の安値をつける

第二みらい : 同上、9/27 02:00頃までに75.50の安値をつける

第三みらい : 同上、9/26 21:00頃に75.44の安値をつける


○実際のドル円 一時間足チャート

20110928-001.jpg

予測は全く外れですね~(^_^;)
76円のサポートに守られレンジ継続。


ここまでレンジが続くと次の動き出しで大きく動く可能性もあるので
要注意です。

うーむ、みらいチャートって使えるのかね(^_^;)
スポンサーサイト
みらいチャート ドル円について


ここ一ヶ月間はレンジが続いているドル円・・・

いつまでも動きませんねw


みらいチャート 一時間足

20110926-001.jpg


シグナル状態 売

第一みらい : サポート76.00ブレイク後、9/27午前までに75.75の安値をつける

第二みらい : 同上、9/27 02:00頃までに75.50の安値をつける

第三みらい : 同上、9/26 21:00頃に75.44の安値をつける


シグナル3つが全て売りというケースはいままでまれであっただけに
これからの動きには注目したいと思います。

台風により名古屋方面をはじめとして雨が激しくなっていますね(^^ゞ

今年は日本にとって厄年のような有様で・・・

さて、そんな状況でも相場は回っています。


昨日のみらいチャート ドル円一時間足

20110919-001.jpg


シグナル状態 :売

第一みらい:76.60-77.00のレンジ推移

第二みらい:76.60のサポートをブレイクしレジスタンス(76.60)をリトライした後
      76.40のサポートトライ

第三みらい:76.60-77.00のレンジ推移



実際のドル円一時間足 20:56現在

20110920-001.jpg

実際の相場は「第二みらい」よりも早い段階でシャープに下げましたが
76.20-30を割ることもなくレンジで推移しています。

「売りシグナル」なれど売りにくい形でしたが予測は当たったと言えそうです。


それにしてもドル円は動かない。。。

今週のイベントを消化しないと相場はうごかないのでしょうか?
日本は三連休最終日でマーケットは閑散としていますが
みなさんいかがお過ごしでしょうか?


みらいチャート ドル円一時間足

20110919-001.jpg


シグナル状態 :売

第一みらい:76.60-77.00のレンジ推移

第二みらい:76.60のサポートをブレイクしレジスタンス(76.60)をリトライした後
      76.40のサポートトライ

第三みらい:76.60-77.00のレンジ推移


二つは中立、一つは売というシグナル状態で、シグナルの確度が高いのかという問題と
レンジブレイクがあったとしても値幅が取れそうにないという状況で
積極的に手を出すべき相場ではないですね。。。


日柄的にも日足レベルでは見るものがなく、来月辺りにならないとしっかりとした
動きがでないかも知れません。
セントラル短資のみらいチャート予測 検証その7です。


さて、先ずは昨日のみらいチャートのおさらいです。

みらいチャート ドル円一時間足 9/14 21:00まで

20110914-002.jpg


シグナル状態:売
第一みらい : 76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 76.40にサポートされる。
       レンジを切り下げる格好となりヨコヨコで推移。

第二みらい : 76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 75.95にサポートされる。

第三みらい :76.74にサポートされるが9/15 10:00以降にブレイクし76.40にサポートされる。



実際のドル円 一時間足チャート

20110915-001.jpg


19:00に安値76.56を示したのち、76.40にサポートされ急騰し77.34まで上昇し急落。

第一みらいが結果的に実際の動きに一番近いものの、ジェットコースターみたいな相場で
さすがに急騰までは予測できず。

Risk and Rewardが悪くトレードには不適と判断していただけにこの結果には
そんなものかというところです。

予測判定 ○

ドル円はもう少しわかりやすいチャートにならないと予測精度はあがらないのかな???
セントラル短資のみらいチャート予測 検証その6です。

みらいチャート ドル円一時間足 21:00まで



20110914-002.jpg


シグナル状態:売
第一みらい : 76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 76.40にサポートされる。
       レンジを切り下げる格好となりヨコヨコで推移。

第二みらい : 76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 75.95にサポートされる。

第三みらい :76.74にサポートされるが9/15 10:00以降にブレイクし76.40にサポートされる。



実際のチャートをみるところ、レンジを切り下げながらジリ下がりのような雰囲気です。
日足の引け値で76.40を割り込むと下値試し開始!?

今の一時間足でトレードしようにも損切り幅と利食いの比率が同じくらいなので
ちょっと手をだしにくいです。

さてさて、明日のチャートの形はどうなるのでしょう?
セントラル短資のみらいチャートは果たして使い物になるのか?

昨日のドル円チャートのその後を見てみましょう!


みらいチャート ドル円一時間足
20110913-001.jpg

シグナル状態:中立
第一みらい : 76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 安値目処 9/14 10:00 76.23 
第二みらい : 76.74-77.10 のレンジ
第三みらい :76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 安値目処 9/14 04:00 76.05 
       その後反転レンジ上限を試す   


実際のチャート ドル円一時間足
20110914-001.jpg

第一、第三みらいチャートはレンジ下限トライ~ブレイクという予測でしたが
下方向へのブレイクも勢いが弱く第一みらいよりも時間がかかってしまった印象です。

77.00-77.70のレンジが切り下がったように見受けられます。


みらいチャートのシグナル自体は中立であったため、予測は遠からず近からず。。。

予測判定 "引分"
相場は少休止状態が続いています。

セントラル短資 みらいチャートの動向をチェックです♪

みらいチャート ドル円 1時間足

20110913-001.jpg

シグナル状態:中立
第一みらい : 76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 安値目処 9/14 10:00 76.23 
第二みらい : 76.74-77.10 のレンジ
第三みらい :76.74のサポートをブレイクした後、安値更新。 安値目処 9/14 04:00 76.05 
       その後反転レンジ上限を試す   


ドル円日足チャートをチェックしてみるとどうも形が弱いですよねー
一度ドーンと下がって急反転しないと戻りも限定的なのかも?


ま、一時間足のシグナルが中立なので様子見継続がいいのかもしれません。
こんにちは~!

みらいチャート予測 検証第三弾です(^^)


みらいちゃーと 1時間足

20110908-002.jpg


実際のドル円 1時間足チャート

20110911-001.jpg

◎みらいチャート予測では77.06-77.50のレンジ推移

◎第一みらいがレンジ上限まで上伸~早朝4時以降にレンジ下限まで下落

◎実際のチャートはレンジ上限77.70を超えて77.85まで上昇した後
レンジ下限を試した。


★ボラティリティが大きく変化が大きい面がありましたが
第一みらいが当てはまったといえそう。


予測判定 まあ当たり? 
さてさて、昨日のドル円のみらいチャート予測は当たったのか?


実際のドル円チャート一時間足


20110908-001.jpg

17:00台に安値をつけて77.06をつけてその後レンジ内を上昇。
しかし、レンジブレイクには至らず。

レンジ内で推移するという予測(3つのうち2つ)は当たったといえますね。



今日のみらいチャートドル円一時間足

20110908-002.jpg

シグナルは売り。

明日までは77.00-77.70円のレンジで推移予想です。
ただし「これからの時間帯はレンジ中央からレンジ下限を試す時間帯である」ですね。

もう少しトレンドのある相場でないと予想にもなりませんね~^^;


単純に買いシグナルが出ているからOKというだけでなく
第一~第三みらいのうちの過半数が買いとなるなどの
スクリーニングが必要なのかも知れませんね~
みらいチャート検証第一弾!


ドル円一時間足
20110907-001.jpg


◎一時間足でのシグナル状態は「買い」

◎第一みらいチャートでは77.00-77.70円のレンジで推移し
 9/8 01:00頃、上方にレンジブレイクしレンジ上限をサポートとして推移する。


◎第二みらいチャートは77.00-77.70円のレンジで推移

◎第三みらいチャートは19:00頃に77.00円のレンジ下限をトライ。
 その後、下限でサポートされてレンジ上限まで上昇



チャートがどのように推移するのか楽しみですね~♪
ご無沙汰してます!

なんというのか大震災以降、相場が荒っぽい動きを続けてます。

自然災害の前に言葉に出来ない無力感にさいなまれたりしてました。


9月になって月も季節も変わったことを期にこれからは毎週月曜に
更新を続けていきたいなと。


さて、セントラル短資で『チャート形状予想ツール「みらいチャート」』というものがリリースされましたね~


未来のチャートを予測するツールってどういうロジックなんでしょうね?

要は現在のチャートと過去のチャートを比較し最も近いパターンから
上位三位抽出して今後の動きを予想する仕組みなんですよ。

いわゆる「フラクタル分析」の一種です。


20110907-001.jpg


画面的には
1.上段は各通貨ペアの選択している時間足での「買い・売り・中立」シグナルを表示

2.中段のタブで通貨・時間足・比較する通貨ペアを選べます。
 現在のチャートのオレンジ色の部分で過去のチャートと比較されます。
 チャート右端が今後の予想チャートになります。

3.下段は比較対象された上位三位の近似チャートです。




でも、これって本当に使えるの?

一つの通貨ペアの同一時間足で先ずは20~30パターンを検証してみるつもりです!


さてさて、どのような結果がでるものか???
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。