FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドル円分析

さてさて、続きましてはドル円分析です。


○週足

090914-3.jpg


-2σを下回って引けておりレンジ地合が続いたものの
トレンド性が高まってきたことが伺えます。

この下には主だったサポートラインは87円までありません。

週足からは続落地合であることが読み取れます。

○日足

090914-4.jpg


9/7に書いた「9/3重要安値91.94」を9/9に割り込み一気に
91.72を下回ってきました。

午前の段階では反発らしい反発は見られず弱い地合が続いています。

「既報9/3安値 91.94」と「7/13安値 91.72」は重要安値であっただけに
強力なレジスタンスとなる可能性があります。



○日柄
8/7-9/14 27 ←基本数字26の近似値 
7/13-9/14 46 ←対等数字45の近似値

本日も対等数字・基本数字の近似値であり、ひとまず調整上げに転ずる
可能性があります。

4/6高値基準として対等数字を取ろうにもその前の上昇の日柄は使い切りました。

7/13安値を基準とすると
9/16 48 対等数字
9/21 基本数字51  が存在します。

細かい日柄も考慮すると火・水曜までは戻りの時間に入る可能性があり
91.50-70レジスタンスをトライした後に続落することが考えられます。


反発も弱く週初から90円を割り込む動きがあった場合には追いかけるのも
アイディアです。

その場合でも91.70を越える動きがある場合には一旦離れるのは言うまでもないです。

90円を割り一気に急落する場合でも安値87.11は意識するのが良策です。
今の流れでは86円前後がtgtと考えて87.11を意識しながらポジション調整を
行うとよいと思います。


◎週足日柄
ベースとなるアイディアは6/15記事:http://haotaso.blog122.fc2.com/blog-entry-87.html に書いたとおりです。

また、大枠では7/9記事で描いたストーリーどおりに動いています。

ただし、ボラティリティが大きな相場であり相場観が正しくとも
動きの全てを追いきれているわけではありません。

この基本ストーリーでは11/15週近辺が最安値の候補です。
最終的な最安値のtgtは82.25、80.81レベルです。




基本は戻り売りであり、90円以下の安値更新も対応するのが得策かと思います。


・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haotaso.blog122.fc2.com/tb.php/113-4b02beaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。