FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USDJPY分析

金曜の米国の雇用統計の結果下ブレしましたが88.23を割ることはなく
かといって上値も限定的でした。

○週足


090405-090927 26週

この変化週に下影陽線で一旦下げ止まりが示唆されるローソク足です。
BBband-2σを上回っており来週は戻りの時間帯に入ることが予測されます。

ただし、ローソクの陽線部分が小さく戻りは強いとはいえません。
今年の大底になるとは大きな時間足では考えられず
来週は「ひとまずの戻り」の可能性があります。

戻りの目処は-1σ、7/12週安値91.72レベルです。


○日足
金曜日は89.50以下は引け値で割ることは出来ずに引けました。
しかしながらBBband-1σに頭を抑えられています。

【resistance】9/21高値 92.54 / 7/13安値 91.72
【support】9/28安値88.23 / 1/21安値 87.11
 

○日柄
090405-090927 26週 基本数値

8/7以来、高値-高値 11-12日、 安値-安値 10日のリズムが続いており
9/16安値から10日目は9/29 
→ 短縮して9/16から9日目の9/28に安値を付けたのか?

9/21高値-10/6 11日

7/13安値-10/9 65
8/7高値-10/6 42


○今週の戦略
週足と日柄からは今週は一旦上昇することが考えられる。
火曜日が日柄であり上値が91円ミドルまであがるかどうか?

火曜日に高値をつけたならばその水準がどこのレジスタンスで止まるか
火曜以降はその高値を越えるならば短期のロング狙いで金曜までには
ポジション調整したい。

上値はそれほど見込まれず92円ミドルが限界点か!?

一言で述べるならば上値もあまり見込めずストップも深いために
他のドルストレートペアに勝機が見えるならばあまり触りたくない通貨ペア。

また、9/28安値88.23を割ったならばロングはクローズして87円までの動きを
見守りたい。




・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haotaso.blog122.fc2.com/tb.php/127-e0e9db27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。