FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USDJPY分析

先週金曜の引け値でドルストレートは頭打ちの可能性の欠片が見えてきました。
一方ドル円は日足BBbandセンターラインを抜けてきましたが上影陽線であり
あまり力強い引けではないのが悩みどころ。

まずはドル円を見ていきます。


USDJPY分析

先週金曜の引け値でドルストレートは頭打ちの可能性の欠片が見えてきました。
一方ドル円は日足BBbandセンターラインを抜けてきましたが上影陽線であり
あまり力強い引けではないのが悩みどころ。

まずはドル円を見ていきます。


○週足
BBband-1σに頭を抑えられており今週引け値が-1σを越えてくると
下落トレンドの弱まりを確認できるかもしれない。

日柄は
 090118-091101 42週 
 090118-091122 45週

070617-080810 61週 ⇔ 080810-091004 61週の対等
よって10/7安値 88.00は変化日に付けた当面の安値の可能性がある。

88円を割ると下落トレンドに回帰すると判断できる。

○日足
091018-3.jpg


金曜引け値はBBbandセンターラインを越えてきたが26/21遅行スパンは
実体線に絡んできており上値の重い展開が予測される。
21遅行スパンを中心に考えると来週からは実体線が下降しており
ジリ安となる可能性もある。

090406-090713 71 ⇔ 090713-091019 71
091007-091019 9 

という日柄が存在し月曜日に目先の高値をつけて押し目を形成することが
考えられる。

次の日柄は
9/21-/10/7 ⇔ 10/7-10/23 13[基本数字13と対等日13]

来週はBBbandセンターラインが上向きに変化するかと21/26遅行スパンが
実体線とどう絡んでくるかに注目する必要がある。

091018-4.jpg


売買的には押し目待ちの姿勢が考えられるが
4時間足で逆行が出始めており、かつ、上昇チャンネルラインの上限に
迫っているため押しを待ってサポートラインを確認する必要がある。


素早い利確が条件でデイ~スイングの超短期の売りも考えられるが値幅は
見込めない。

【resistance】9/21高値92.51  7/13安値91.72  
【support】9/30高値90.38 10/7安値88.00  1/21安値87.11




・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haotaso.blog122.fc2.com/tb.php/132-2d3b9a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。