FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週はドバイショックはどこに行ったのという相場つきでした。

ドバイ金融市場はすでにリーマンショック以後暴落しており
少々戻したポイントから下げただけであり、すでに終わった件が
突然材料視されたに過ぎないという見方があります。


ドバイの件で損失をこうむっているのはイギリスの金融機関が多いのですが
時価会計が凍結されているので「ショック」の損失が表面化するのは
まだまだ先のことになりそうです。

ドバイは材料に使われただけでありドバイが連鎖的な問題を起こす可能性は
低いのですが別な問題がそぞろでてくる可能性があります。


アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ

さてさて、EURGBPについて見ていきます。

○週足
091207-1.jpg


081228-091129 49週の対等週

081228-091213 51週[基本数字51、対等51]
090621-091213 26週[基本数字26、対等26]

日柄は11/29週[49]に戻り高値をつけた可能性があります。
実体線は下降しており26遅行スパンも下方向に引っ張られると
考えられ基本的に下方向の動きと考えます。

重要な変化週は12/13週。[基本数字・対等数字が重なっているため]


○日足
091207-2.jpg


[日柄]
*10/13基準に数えた場合
11/26 33  11/27 34 12/9 42  12/18 49

090904-091013 28 ⇔ 091013-091117 26
090827-091130 34 ⇔ 091013-091130 35 

[34]の変化日が35に反応し高値をつけて反落したと読めます。
金曜安値はBBbandセンターライン付近で一旦止められた格好です。

今週は先週安値を下回ることにより下落が加速するものと思われます。

しかしながら今週は26遅行スパンが実体線とぶつかるために
下値が重くなることも予測されます。

26遅行スパンと実体線との絡みに今週は注目です。

また、下落のとまる時間的到達位置は12/18、12/22と考えられます。

【resistance】0.9238 0.9155 0.9076
【support】0.8865 0.8701 0.8408 0.8192 



FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haotaso.blog122.fc2.com/tb.php/172-13005021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。