FC2ブログ
 
はおタソのFX投資日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年明けましておめでとうございます!


頂いた年賀状にこのような一文がありました。

『釈迦は「人は生まれによって高貴なのではなく、行いによって高貴になる」と
訴えた。誰が見ていなくとも地道に、高貴な行動を取れる日々でありたいと
願います』


トレードも生まれながらにして上手な人は稀です。
誰が見ていないところでも地道に努力を続け、高みを目指すという
行動原理はトレードも仏の道も変わりないのではないでしょうか?



アクセス数が少ないためブログランキングに試しに登録してみました(^^;
アクセス数がブログを更新する励みになりますのでバナーをクリック願います~
FXブログランキングへ



日本人に非常に特徴的なのはトレードでお金を稼ぐことに
拒否反応を示す人が大変に多いことです。


「楽してお金を稼いで云々」と。

トレードでお金を稼ぐことは決して楽なことではないことは
FXをされている方にとっては骨身にしみて分かられていることだと思います。

結局のところ「お金を稼ぐこと」ばかりに焦点がいってしまい
お金を「どう使うのか」という発想がないのが日本人。。。

「楽してお金を稼いで」と言ってる人に聞いてみたらいいです。
『家族・親族以外の人のためにどれだけのお金・時間を使っていますか?』と。

自分の稼いだ命の次に大事な金は自分のもの。
土日は疲れて寝てるだけだよというパターンが多いのではないでしょうか?

「如何にお金を稼ぐのか」よりも「如何に使うのか」が大切なんですよ。



さてさて、堅い話はこれくらいにしてドル円をみてみます。


○月足
101002-1.jpg


050101-070601 30月 ⇔ 070601-091101 30月

991101-050101 63月 ⇔ 050101-100401 63月
070601-100301 33月 [基本数字33]

12月の終値がBBband-1σを越えており30月の変化週に
当面の安値をつけて反発していると考えられる。

戻りの目処を考えるならば
a.BBbandセンターライン 97.46
b.トレンドライン 93.70 [1月]

ドル円は84.80を割らない限りこのまま反発をつづけ
3-4月までは戻りを試す可能性があります。


【resistance】0904高値101.43 0908高値97.77  93.70
【support】87.10 84.80



○週足
100102-2.jpg


[日柄]
091122週安値84.80は変化週につけた重要安値とみることができます。

*090118基準
100103 51
070617-080810 , 071125-090118 ⇔ 090118-100314 61[重要変化日]

*091122基準
091122-100314 17週

26遅行スパンが実体線にぶつかっており、且つ、レジスタンスゾーン上限
とfibo50 93.12まで到達した。

戻りの水準目安【101.43-84.80】
fibo38.2 91.16
fibo50.0 93.12
fibo61.8 95.07

1/3週は09/1/18週から51週目であり、高値をつけて反落する可能性も
あります。

日柄的には今週高値をつけて091122から9週目である1/17週に押し目を形成と
いう見方もできます。


○日足
100102-3.jpg

[日柄]
090713-091007 63 ⇔ 091007-100104 63
091127-100104 26 [基本数字26]

★計算値 84.80 90.76 87.35
v94.17 n93.31 e96.72

90.76のレジスタンスを越えてから続伸しています。
このまま続伸するようにも見えますが、1/4は重要変化日と考えられます。
週足でも変化週と考えられ、「月曜日に高値をつけた後に反落する」
可能性を頭に入れながら、トレードを行う必要があります。

問題は押し目までの下落をショートで狙うのか、押し目を買うのか・・・


悩ましい部分は11/27安値84.80が月足・週足の節目の安値となって反転上昇の
過程の中にいるのかどうかです。

大きな底からの反転なぞ考えずに1/4以降に1時間足での反転ショートで
大きな値幅は狙わず素早く離隔するのが懸命かもしれません。

上昇トレンド基調であるため、サポートラインを見ながらロングを狙うのが
定石でしょうが、そう簡単にいくものなのかどうか!?

【resistance】95.69 
【support】92.32 91.72 90.76



FXブログランキングへ

http://kuchikomi-fx.jp/?309320



・テクニカルを体系的に学ぶのならば、、、

先物相場のテクニカル分析
 ジョン・J・マーフィー著

先物相場のテクニカル分析

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haotaso.blog122.fc2.com/tb.php/183-4b27f61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。